採用情報「医師」

医療関係者・学生の方へ
採用情報
正規雇用労働者の
中途採用比率
地域連携相談部
奨学資金制度について
臨床実習について

消化器内科 常勤医(内科専門医制度研修終了以降、消化器内視鏡学会専門医を目指す医師、消化器内科を専門とされる医師)を募集します

当院消化器内科では現在一緒に働く医師、特に内視鏡技術を磨きたい、内視鏡専門医を取得したいという医師を募集しています。

内視鏡検査をマンツーマンで1から指導し、1人あたり年間に上部消化管内視鏡検査1000件、下部消化管内視鏡検査500件ほどの経験を通して短期間で、「楽な上部消化管内視鏡検査」技術を、「痛くない」下部消化管内視鏡検査の非ループ挿入法の技術を習得できます。拡大NBI診断など消化器がん診断に必要な技術と知識を身につけます。

さらに、治療内視鏡検査も数多く施行しており、食道・胃・大腸ESDをはじめ、ERCPでは教科書では学べないような戦略的胆管カニュレーション方法や下部胆管・肝門部胆管・胆嚢へのドレナージ法、スマートなESTおよび截石術(スコープ挿入からEST、截石術終了まで15分程度で膵炎を起こさずに終了する技術)、胆膵および消化管超音波内視鏡検査およびEUS-FNA、EUS-BD(HGSなど)、小腸内視鏡および術後腸管のERCP、膵癌早期発見のための膵液細胞診(PDLF:膵管洗浄液細胞診やENPD留置下連続細胞診SPACE)などを研修できます。

また腹部エコー(肝胆膵だけでなく、消化管エコーも行います)の研修やエコー下の生検および各種経皮的ドレナージ(胆嚢ドレナージ、胆管ドレナージ、肝膿瘍・腹腔内膿瘍・後腹膜膿瘍ドレナージ)、がん化学療法、がんおよび各種疾患終末期に対する緩和医療、潰瘍性大腸炎など炎症性腸疾患IBDに対する様々な治療戦略、GERD・FD・IBS・慢性便秘症などのFGID:機能性胃腸症に対して、西洋薬と漢方薬を融合させ副作用を抑えて長期間の治療を見据えた薬物治療法など、消化器内科医としての基本的・専門的・先進的な診療が研修できます。

消化器内視鏡学会専門医、消化器病学会専門医が取得できます。 田舎の環境のなかにあっても、全国や世界の消化器病・内視鏡学会にも情報発信して行けるような消化器病・消化器内視鏡の診療技術を習得したい方、消化器内科だけでなく一般内科の幅広い知識と経験を得たい方にはぴったりの職場です。

当院は京都大学、京都医療センター、京都桂病院など各病院の新専門医制度専門研修プログラムの連携施設であり、初期研修の地域研修(上記以外にも関西電力病院など)、内科専門研修の連携施設としてこれまでも多数の研修医を受け入れています。

・初期研修医地域医療研修病院
・日本内科学会専門研修連携施設
・日本消化器病学会専門医制度関連施設
・日本消化器内視鏡学会専門医制度指導連携施設
を取得しております。その他の施設認定はこちらをご覧ください。

ぜひ一度見学にお越しいただき奮ってご応募ください。

お問い合わせ・お申し込み先

〒627-8555 京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
公益財団法人 丹後中央病院 病院長 藤田 眞一
Tel :0772−62−0791(代)
E-mail : syokuin-2@tangohp.com

〒627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
TEL:0772-62-0791(代表)
FAX:0772-62-5897

お問い合わせ交通アクセスサイトマップ

受付・診察時間

午前診療受付時間 7:30〜11:30
診察時間 9:00〜
※土曜日受付11:00まで
午後診療受付時間   7:30〜14:30
診察時間 13:00〜
夜間診療− 月・水・金曜日のみ −
受付時間 16:00〜18:15
診察時間 17:00〜
休診日第1.3.5土曜・日曜・祝日
受付をされた方は、必ず受付終了時間までに各診療科待合でお待ちください。診療科により受付・診察時間が異なります。詳しくは病院受付までご確認ください。

Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.