作業療法部門 トピックス

第54回日本作業療法学会でポスター発表を行いました

第54回日本作業療法学会はCOVID-19の流行拡大を受けて、新潟での開催は残念ながら中止となり、WEB開催(事前に提出した発表データを自分のパソコン等で視聴する形式)となりました。初めてのWEB開催での発表となりましたが、掲示板での質問もあり、双方向での意見交流が経験できました。

坂根勇輝,山内聡:実習指導者1名に対し学生2名を配置した臨床実習での作業療法学生の主観的経験―SCATによる分析―.第54回日本作業療法学会抄録集:2020.
抄録ページ(PDFファイル)
2020.11.25


令和2年度若年性認知症交流・相談会で講演を行いました

9月8日開催の若年性認知症交流・相談会(京都府丹後保健所主催)で認知症についてOT和田が講演を行いました。講演後にはグループに分かれて、小物作りを行いながらお話を行いました。
2020.11.25


日本臨床作業療法研究に論文が掲載されました

坂根勇輝,ボンジェペイター:回復期リハビリテーション病棟入院中のクライエントと担当作業療法士が作業療法の目標と支援内容に関する相互理解を築き上げる際の特徴.日本臨床作業療法研究7:8-15,2020.
論文掲載ページ:m3.com 学会研究会

2020.02.29


第53回作業療法学会に参加しました

9月6日〜9月8日の間、福岡県で開催された第53回作業療法学会に参加してきました。
今学会では以下の演題でポスター発表をしてきました。

【ズボンの着脱動作介助時における手すり保持位置の検討】
公益財団法人丹後中央病院リハビリテーション部・川崎医療福祉大学リハビリテーション学科

発表内容について、貴重なご意見をいただくことができ、今後の研究へ参考になるものばかりでした。今後の研究の発展に活かしていきたいです。

また、セミナー、口述、ポスターにおいて、どの分野も臨床においてとても参考になるものばかりでした。学会で得た知識を臨床に活かしていきたいです。
2019.10.12



作業療法士臨床実習指導者の認定を受けました


平成31年2月1日付で、一般社団法人日本作業療法士協会が定めた作業療法士臨床実習指導者の基準を満たしたため、当院作業療法士2名が認定を受けました。これで当院のリハビリテーション部の認定者は3名となりました。
この認定は、作業療法士の臨床実習において指導者としての知識、技術を有する人材として認められたこととなります。今後さらに部門一同で研鑽を続けていきたいと思います。
2019.3.23



第52回作業療法学会に参加しました

9月7日〜9月9日の間、愛知県で開催された第52回作業療法学会に参加してきました。

脳血管、整形、高次脳、高齢者、地域と幅広い分野があり、3日間で回りきれないほどでした。セミナー、一般講演、ポスターどれも興味のあるものばかりでありでした。
考え方、治療方法等新しい視野が増えたように感じました。

3日間で学んだことを臨床に活かしていきたいです。
2018.10.12



第38回近畿作業療法学会に参加しました

2018年7月22日に大阪国際交流センターにて開かれた第38回近畿作業療法学会に行ってきました。
作業療法学会らしくニューロリハビリに関することから車椅子ダンス、ロボットを使ったリハビリ、地域包括ケアに関することまで非常に幅広い内容の発表がみられ大変盛り上がりました。学んだ内容や便利なツールの導入など今後当院に活かしていきたいと感じました。
2018.7.27



第1回国際臨床作業療法学会に参加しました

H30年7月21・22日に福岡県福岡市にあります九州大学で開催されました、第1回国際臨床作業療法学会&第5回日本臨床作業療法学術大会に参加しました。
初めての国際臨床作業療法学会という事もあり、海外の作業療法士の発表も多く、世界各国の現状と作業療法実践について発表されていました。 世界の作業療法士が患者様の大切な作業の実現に向けた熱い報告・発表をされており、今後も患者様の意味のある作業を大切にし、クライアント中心の作業療法実践ができるように自己研鑽に励みたいと強く感じました。
2018.7.27



事例検討会にて発表を行いました

平成30年6月3日、京丹後市峰山総合福祉センターにて生活行為向上マネジメント事例検討会IN京丹後にて当院作業療法士6名が発表を行いました。
この発表を行ったことで、当院にはMTDLP研修修了者が7名となりました。発表者のうち5名は初めての発表ということもあり緊張していましたが、終始和やかな雰囲気の中で事例検討が行うことができました。
今回検討したことを次回の発表や治療に役立てていきたいと思います。
2018.6.4



WFOT congress 2018で発表を行いました

5月21日から25日まで南アフリカのケープタウンで開催されたWFOT congress 2018でポスター発表を行ってきました。
WFOT congressは専門的な交友を奨励し、技術的および科学的な情報を交換し、世界的な実践基準を推進する目的で、4年ごとに行われる世界の作業療法士が集まる国際会議です。様々な国の作業療法士が発表を行っており、地域での作業療法実践が多く発表されていました。
中でも貧困、LGBT(セクシャルマイノリティ)への作業療法支援が目立っており、作業療法実践の可能性の大きさを感じました。
世界的な視点を持ちつつ、丹後地域の状況に合わせた作業療法を提供できるように、今後も研鑽していきたいと思いました。
2018.6.1



作業療法士臨床実習指導施設の認定を受けました

平成30年4月1日付で、一般社団法人日本作業療法士協会より作業療法士臨床実習指導施設の認定を受けました。この認定は、作業療法学生の臨床実習指導に関する一定の知識と技術、指導実践を有する施設として認められたこととなります。今後さらに臨床教育の質を高められるように部門一同で研鑽を続けていきたいと思います。
2018.5.9


バリアフリー2018に行きました

4月20日にインテックス大阪で開催されていた高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展である「バリアフリー2018」に行ってきました。最新の福祉用具やリハビリテーション機器が展示されており、説明を受け、体験も行いました。今回得た知識を患者さんへの介入に役立てたいと思います。
2018.4.25

PAGE TOP

公益財団法人 丹後中央病院 リハビリテーション科
〒627-8555 京都府京丹後市峰山町杉谷158-1 TEL 0772-62-0791 FAX 0772-62-5897


Copyright©Tango Central Hospital All rights reserved.